« 子供の夜泣き…之巻 | トップページ | 新作オムツカバー大量UP! »

じいちゃんの名言…之巻

団長は じいちゃんっ子であります

かといって 一緒に住んでいた期間は短く
じいちゃんが死んでしまう前の半年程でした

それも 中学生という 思春期真っただ中
なのに じいちゃんが大好きでした


じいちゃんは 厳格な人で
ものすごく 怖い人でしたが

こんな事がありました


団長が 学校から帰ってくると
じいちゃんは テレビを見ていました

団長の顔を見るなり

「何で滋養になるか分らんからな」

と 一言投げて またテレビに目を向けました


団長はその頃 学校でイジメにあっており
家族にも相談できずに悶々としていました

「滋養」という一言が 何を意味していたのか
じいちゃんが死んでしまった今 分かる術はありませんが

きっと じいちゃんは イジメにあっていた事を見抜き
「そこから 何かを得て 大きくなれ」
と言いたかったと

それを「滋養」と言ったのだと
自分の良いように解釈しています 

じいちゃんの葬式は 団長の誕生日でした

団長が大きくなる度 じいちゃんのくれた言葉の「滋養」だと感じます


じいちゃんの様な 大人に 親になりたいと
強く思う団長でした

|

« 子供の夜泣き…之巻 | トップページ | 新作オムツカバー大量UP! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1280028/31727106

この記事へのトラックバック一覧です: じいちゃんの名言…之巻:

« 子供の夜泣き…之巻 | トップページ | 新作オムツカバー大量UP! »