布おむつを熱く語る

布おむつ オーガニックとは何か

こんにちは。団長です。

最近、オーガニック オーガニックと騒がれていますがオーガニックって何か

皆様ご存じ?

団長も、大して詳しいわけでは無いのですが、

オーガニックというのは そもそも 有機栽培

化学肥料や、化学農薬を使っていない産物の事。

そして、

「あんたんとこ、有機栽培。認定!」

ってモノに付けられる称号が、JASマーク。

けれど化学肥料使っていないだけじゃダメ。

3年以上化学肥料使ってないとか、色々あるわけです。

農家にとって、化学肥料を使わないって事は、

良い商品(形・虫に食われてない等)が出来ない。

イコール 収入減。

イコール 高い。

大変な事なんです。

JASマークが付いている事は、それだけで大変なブランド。

布おむつにも、最近オーガニックの波が押し寄せています。

オーガニックコットンを使った布おむつ何か、高い。

ほいそれ と手が出せないのが、一般市民です。

団長的には、国産であれば、100点満点かなぁ。

と、プラス志向な言い訳で回避する事にします(笑)

毎度ご協力感謝致します!

本日も、ポチっとお願い致します!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のーもあ omutu

神経痛です 団長です


最近 おむつを付けない「おむつ無し育児」なるものが
流通しているらしい。

東南アジア圏ではよく聞く「おむつ無し育児」。

あっちの方は、家の中が床だったりするから
処理もラクチンらしい。

日本では、畳文化だから
今までそうゆうの無かったのかな?

団長も
おむつかぶれになりそうな時
ケツ丸出し育児をしていました

おしっこしても良い様に、
輪おむつ何枚かオシリの下にしいて
その下におねしょシーツしいて、
「おてんとさん、ぶじょほ(不作法)したね〜(ごめんね)」
と言いながら。

方言丸出しでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海外製の布おむつカバー…之巻

寒すぎです 団長です。

皆さん海外製のオムツカバーはお持ちですか?

団長は、収集癖があるので、
かなり持っておりました。

ハッピーハイニーズ

クーシーズ

スワドルビーズ

ミンキー

バンキンス

ワンダールース

ファジバンズ えとせとら…

でも 私好みのカバーは見つかりませんでした…
日本製のは かわいいのあんまりないし…

海外製のは、柄はカワイイけど、使いにくいし…

みなさんは、どんなメーカーのカバーが好きですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リピーター様増加!

こんにちは 団長です。

最近、嬉しいお知らせが多いので、
皆様にもご報告したいと思います。

なんと、リピーター率が80%を超えました!
オークションからのリピーターを含めると
な なんと98%!!

もうビックリたまげた数字です。

購入してくださるお客様の半分が、リピーターの方。
うれしくて うれしくて 
涙がちょちょぎれそうです・・・
皆様!ありがとう!!

リピーターの方からは、
「マジックテープが気に入った!」
「かわいい柄のおむつカバーが多くて、また買います!」
など、嬉しいコメントも届いております。

いやー本当にうれしい!
涙でPC画面が見えないぐらい嬉しい…エーン

皆様からのメール、全て読ませて頂いております。
現在、お一人お一人へのご連絡が遅れておりますが、
必ず返信致しますので、お待ち下さいね。

もう胸いっぱい 腹いっぱいの団長でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ…之巻

新作の布おむつカバーを
発表したいと思います。

発売日が決定したら、このお知らせ掲示板で
発表しますね!

今回はカワイイ布地が沢山入っているので、期待してて下さいね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジックテープの話

みなさん こんにちは。
団長です。

今日は、桃色組のオムツカバーに使用している
「マジックテープ」について
お話したいと思います。

おむつカバーを留める素材には、色々な種類があります。

主なものとしては、
?ボタン式
?マジックテープ
が ありますよね。

店頭で購入できるものは、マジックテープが殆どでしょうか。

ボタン式に比べ、マジックテープは、
赤ちゃんの成長に合わせてピッタリ合わせる事ができます。

団長も、布おむつ育児中、色々なおむつカバーを試しましたが、
やはり、マジックテープがベスト。

ボタンのものは、使い易さは程々に良く、
デザインも良いのですが

おばあちゃん等、ママ以外の人に子守をお願いする時、
なかなか理解し難かったりする様です。

また、何個かボタンは付いているものの、
「ココにはめるとキツくて痕がつくし、ココだとズリ落ちるし…」
といった事も しばしば。

海外製が殆どで、赤ちゃんの骨格も違うので
日本人の赤ちゃんには合わないのかもしれませんね。


そんな事もあり、やはりマジックテープのオムツカバーに収まった訳です。

さて、前置きが長くなりましたが
桃色組のオムツカバー。

これがスゴークすごいんです。

通常のマジックテープより、かなりソフトなものを使用しております。
探すのに、すごく苦労したんです。

色々な会社のマジックテープを取り寄せて、
作っては試し、レビューしてみて…
という作業を懇々とやった訳です。

柔らかすぎると、赤ちゃんが動いている間に取れてしまったり。

「強さと柔らかさ」を兼ね備えたものを探すのに苦労しました。


「妥協したくない!だからもうカバーは作らない!」
と思っていた頃、ちょうどサンプルを頼んでいた会社から
サンプルが届きました。

触った瞬間「イケるかも!」
と思い、早速作ってみたところ…

最高でした。
ループの部分(柔らかい方)は、しんなりしているのに
しっかりフック(固い方)を受け止めるし、
何より、赤ちゃんの丸いおなかにピッタリフィット。

フックも、ゴワゴワ感が無く理想的。


桃色組のカバーは、使った時に
「あ コレ 今までのと何か違う」

と思って頂けるマジックテープです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうする?お泊り時の布おむつ洗濯!?…乃巻

みなさん コンニチハ。
今日も見た目が暑苦しい団長です。

さて、今日は前回に引き続き「外出時のおむつ」
特に「お泊り時の布おむつ洗濯!?」についてお話したいと思います。

※前回のお話を読んでいない方はコチラを読んでからの方が分かりやすいかもしれません。※


これから行楽シーズンで、家族や友人と旅行でお泊り!という布おむつユーザーも多いのではないでしょうか。

そんな楽しいお泊りの時、布おむつを使っているママが困ることと言えば、「使用済みの布おむつの処理」!

紙おむつと違って、捨てることの出来ない布おむつは、荷物が増えるだけでなく、なんといってもニオイに悩まされます。

使用済みの布おむつを、ビニール袋できっちり覆ってしまえばそのままでも良いのかもしれませんが、家に帰ってから洗濯したのではニオイが落ちない場合があります。

もちろん、お泊りの時だけ、紙おむつを使用しても良いのですが、せっかく布おむつを使っているのだからお泊りも布おむつで!という方の為に、使用済み布おむつの処理方法をご紹介したいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
★持ち物★
・ジップロック(オムツを入れてきたもので結構です)
・固形石鹸(宿に備え付けてある場合もありので、アメニティを確認しましょう)
・ゴルブボール2つ


?外出時の布おむつはジップロックに入れて!
前回お話した通り、布おむつはジップロックに入れて持ち歩くと便利です。
使用済みは、またジップロックに入れてキッチリフタをしてしまえば、ニオイも無く、スマートに収納できます。

?宿に着いたら、オムツを水につけて!
・宿に到着したら、使用済みオムツを出しましょう。
・ジップロックを開け、その中に水を入れましょう。
・中に入っているオムツが畳んである場合は、ほぐしてから水を入れて下さい。
・2〜3回モミ洗いしたら、ゴルフボールと固形石鹸を入れ、水と空気を入れてジップをキッチリ閉めましょう。
・ガシャガシャと振り、即席洗濯機!
・最後に軽くすすぎ、硬く絞ってジップロックにしまいましょう。


こうしておく事で、お泊りから帰ってきた後のお洗濯が、随分楽チンです。

ジップロックを使う事で、荷物も減らせるし
例え行った旅館の部屋にユニットバスが付いてなくても、水道さえあれば出来ちゃいます。

いやー ジップロックって本当に便利な物ですね!

ジップロックを開発した人をほめてあげたい!


ジップロック売りにでもなろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お出かけと布おむつ

本州も梅雨明けが近づき、いよいよ夏本番。

お出かけの計画を立てているご家族も多いのではないでしょうか。


さて、布おむつユーザーにとって
雨と同じぐらい頭が痛いのがこの「おでかけ」。

「もれないかしら」
「ズボン濡れるから、着替え持たなくちゃ」
「荷物が多くなるのよね…」
…と。

特に、長時間ともなれば尚の事。

妥協して「外出時だけ紙おむつ」というママも多いのでは?


今日は、「お出かけでも、絶対布おむつ!」
というママの為に、アイディアをご紹介したいと思います。

?荷物を最小限にする為に
布おむつは、紙おむつと違って長時間付けているとモレてしまいますから、
こまめに取り替える必要があります。
ただ、荷物が多くなってしまうので、その収納に困ります。
そこで【ジップロック】のような密封式の袋がオススメ。

・オムツを畳んで袋に入れ、ジップを3分の2程とじます。
・下のほうから丸めながら空気を抜きます。
・最後に、キッチリジップをしめます。

これだけでも、かばんに少し余裕が出てきます。

着替え等も、同じようにしてしまいましょう。
かさばらないだけでなく、かばんの見た目もスッキリします。

きちんと収納出来ていれば、いざと言う時に取り出しやすいものです。
オムツ替えの時、もたつく事も無いでしょう。

?カバーと布おむつを組んでおく
これは、カバーの数がそろっていないと出来ないので、枚数があるという前提でお話します。
カバーとオムツを組んでおくことで、急なお漏らしの時でもサっと取り出せ、機能的です。
ただ、荷物が増えてしまうので、車などで移動する時が良いでしょう。

着替えは、1日/3枚程あると安心です。
下着までしみてしまうこともありますので、下着も1枚持ちましょう。


「そんなに大変なら、外出時だけ紙にすれば良いわ」
そうです。
紙おむつも布おむつも、両方に利点があります。
利点を活かし、赤ちゃんのオシッコと上手に付き合いましょう。

…紙おむつを使っているママのお話で、こんな事がありました。
ある日、彼女は友人家族とお出かけしました。
お互いに子供が1人いて、話に花も咲きました。
時間も忘れ話し込んでいると、少し離れた所で遊んでいる子供の服が濡れています。
友人の子供の服も濡れているので、水にでも入ったのかと思い見てみたら、なんと、紙おむつからオシッコがもれていました。

ここで重要なのは、彼女への批判等ではなく「紙おむつでもモレる(しみる)」という事。

紙オムツにしろ、布オムツにしろ、出たモノを放って置けばモレるのです。

どちらにしても、オムツ替えと着替えは必要という事です。

さぁ、お出かけが楽しい季節が始まります。
オムツを上手に使い、外出を楽しみましょう!


次回は「どうする?お泊り時の布おむつ洗濯!?」というテーマでお話したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

雨と布おむつ の巻

皆さんこんにちは。団長です。

日本全国あっちもこっちも雨ばかりですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は「雨の日の布おむつ」についてお話したいと思います。


雨の日は、洗濯物も乾かず
布おむつユーザーにとっては 頭の痛い季節。

梅雨はとくに!


乾燥機でガラガラ乾かしちゃうのもOKですが、
そこは桃色組。
それでは芸が無いって事で、
乾燥機以外での布おむつの乾かし方を
ご紹介したいと思います。


?アイロンを使う
日本の風習として、元来布おむつはアイロン消毒がよく使われていました。
赤ちゃんの肌に直接当たる物だから
ばい菌を防ぐという意味でも、アイロンは◎
おむつが生乾きの時、アイロンをかけると
匂いも和らぎます。

?扇風機を使う
冬はストーブ等に当てておけば、すぐ乾きますが、
「夏にストーブ」とはいきません。
そんな時、扇風機がオススメです。
扇風機は、空気を動かしてくれるので洗濯物の周りの湿気を吹き飛ばしてくれます。
この時、注意したいのは、必ず換気をして下さい。
換気をしないと、湿気が部屋にたまり、カビ等の原因になります。

可能であれば、扇風機を台やテーブル等に乗せて高めの位置からまわすと良いでしょう。

団長は、あまりに長雨が続くと紙おむつを使ったりしていました。
紙おむつも布おむつも、上手に使い分けて、育児も家事も楽しく行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日のオムツ

皆さんは 紙おむつ派? 布おむつ派? 混合派?

団長は、混合派です。(最も、現在はオムツは使っていませんが…)


布おむつにへの偏見って 未だ健在です
「洗濯大変そうだから アタシはちょっと…」
「何回も変えなきゃいけないから 大変よね」


その他にも 布おむつ育児をしているママなら
1度は耳にした事のある言葉
「すごいわねぇ」
「えらいわねぇ」

これだって 立派な偏見だと 団長は感じるわけです
(元々 短気だからか…!?)


布おむつを使っているママさんに問いたい!
そんなに洗濯大変?
そんなにすごい事かしら?

違うよねー違いますよ!

団長の場合 洗濯する事が愛おしいと想う
おしりを見るたび 抱きしめたくなる

この感情は 団長だけが特別に持ってる訳ではないと思う

布おむつを始め 現在進行形のママが
これに近い感情 感覚を持ってると

布おむつを使い始めた理由はみんなそれぞれ違うと思う


エコ

ふれあい

おむつはずれが早い

経済的理由

自分も布だった


けれど 布おむつを継続して使ってるママに共通するのは

きっと「愛おしい子」

布への偏見 早くぬぐえると良いな

| | コメント (0) | トラックバック (0)